スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

活動日誌☆2012.3. 3

先日、土が入荷しました

陶芸3

①上から、『西条赤土』

焼く前は黄土色ですが、焼くと赤っぽくなります。

西条白土同様初心者の方にも扱いやすい土かな?と思います。



②真ん中のグレーの土。『西条白土』

広島県東広島市の西条で採れる粘土を使用して作られた土らしいです。

サークルで使っている粘土の中では最も扱いやすく、初めての人でも扱いやすいですね。

焼き上がりは、半磁器や信楽土に比べると少し黄みがかって見えます。



③一番下のグレーの土。半磁器土。

今回初入荷

いつもサークルで使っている土は陶器を作る粘土ですね。土で出来てます。

いっぽう磁器というのは主に石の粉末を練ったものでできているそうです。

この二つを混ぜ合わせたものが半磁器となるんですね。

磁器は粘着性が少ない為、半磁器もその性質があるようです。
粘り気が無いので、板皿などの板物を作るのに最適かと思います。

また焼くと真っ白になる磁器の良い所もありますので、
絵付けをすると絵が映えますし、
色味のある釉薬を掛けると釉薬本来の色合いが楽しめるのではないでしょうか?

先日の陶芸講座では半磁器で板皿を作成してましたね

陶芸4


④最後に『信楽黒土』

見るからに黒ですね焼いても黒です

こちらの土もろくろで回すと西条土よりはちょっつ難しいナと感じるかもしれませんね。
乾くのが早く、水分を吸収するのは早いように思います。
水よりどべを付けると水分の吸収を抑えれるかも

半磁器同様板作りだと、作りやすいかもしれませんね。

白化粧をして描き落とすと面白いですよ。

またかける釉薬によって、シブカワなものが出来ます



陶芸5

そして新しいミニ亀板さんをいてれ頂きました。

後ろに磁石がついているので、轆轤の上に置くとピタリとくっつきます。
それでも途中で動いちゃうのが心配な時は四隅を粘土で止めておくとより安心

手ろくろで、お皿をひく時などに使うと、形をくずさず、すぐにろくろから外せるので、
良いですよ




窯だしの続きです。



素敵な飴色コーヒーカップと思いきや。

陶芸1


よく見ると、飴・織部・黄瀬戸の3色づかいだそうです

陶芸2



そして丸っこさが可愛いピンクの器

陶芸7


こちらもカラフルポップな手びねり作品

陶芸8


そして黒土の大皿。白化粧がカッコいい。まさにシブイィな焼き上がり

陶芸6




103[陶芸 広島 サークル]
2012-03-03(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

どろんこあそび

Author:どろんこあそび
陶芸サークル「どろんこあそび」は、
ユーストピア中央《広島市中央勤労青少年ホーム》美術室で
毎週土曜日14時から活動中。


お問い合わせはユーストピア中央までお願いします。

最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。